Menu

Facebook Twitter Instagram Pinterest
A+ A A-

カルトナージュでよく使う道具を収納♪蓋がスライド式のクラフトテープ入れ

作品を作っているときにあの道具どこにしまっておいたかな?と思うこと皆さんもありませんか?そんなときにカルトナージュでは専用の道具入れを作ることができますよね。そこで今回はスライド式のクラフトテープ入れを作りました。


(アトリエパピエ75にて)

クラフトテープは水張りテープとも言い、箱の角を補強したり、リボンや持ち手などを固定したりとカルトナージュではよく使う道具です。
紙や布とは違い表に目立つことはありませんが、作品作りには欠かせない縁の下の力持ちのような存在です。
以前から興味があったこのスライド式の蓋、東京レッスンでバッチリ教わってきました。

蓋を半分開けてみました。蓋はこのようにスライドさせて開けていきます。少しずつ中が見えてくる感じが良いですね。

蓋が全開になりました。こんな風に蓋を取り外すことができます。蓋がスーッと動くのがちょっと快感だったりします。

写真ではクラフトテープは1つしか入っていませんが、2つ入れることもできます。白いテープと色違いで2つ並べて入れておいても良いですね。

こんな風に使うこともできます。蓋を閉じたまま、テープを引き出すことができるのです。クラフトテープがぺろーんと出ているこの姿はちょっとユニークですね。

今回のスライド式のクラフトテープ入れは、大きさを変えると違うものにも使える応用が利く作品です。箱の高さを低くして細長くするとペンケースに、内側に綿を入れてメガネケースに、もっと大きくしてハガキ入れなどにしても良いでしょう。
違うサイズで作ってみると、クラフトテープ入れの時には気付かなかった新しい発見があるかもしれませんよ。