Menu

Facebook Twitter Instagram Pinterest
A+ A A-

カルトナージュで作るお道具箱 色々なテクニックを組み合わせて作品をワンランクアップ♪

カルトナージュでお道具箱を作りました。カルトナージュで使うカッターやヘラ、はさみなどを収納するお道具箱です。この作品にはカルトナージュのさまざまなテクニックが盛り込まれています。

蓋はマグネットで留まるようになっています。マグネットは蓋を閉めた時にピタッと留まる位置につけてあげなければなりません。マグネットをつける位置をきちんと調節しないと蓋が上手く閉まらなくなります。つける時は慎重に取り付けましょう。

作品の外側にはフランス製の起毛紙を使っています。見た目の質感はまるで動物の毛皮のようですが、紙なので扱いやすいです。こういう変わった素材は作品作りに変化をもたらしてくれますよ。作品がマンネリ気味だなぁ...という時にオススメの素材です。

蓋を開けるとこうなっています。蓋が大きく開くので箱の中のものが取り出しやすくて便利ですね。
箱の中に仕切りをつけて、仕切りの下には引き出しが入っています。仕切りは曲がらないようにまっすぐつけてあげましょう。仕切りが斜めになると引き出しを作る時に寸法が取りにくいですし、見た目にも美しくありません。仕切りをつける位置に線を引いておくとまっすぐつけられますよ。

引き出しを取り出してみました。この作品には持ち手やマグネットの取り付け、仕切りや引き出しの作り方...とカルトナージュの技術がたくさん盛り込まれています。そして色々な素材を組み合わせて作っています。

みなさんも身につけたテクニックをいろいろ組み合わせてみて、新しい作品作りに挑戦してみると楽しいですよ。