Menu

Facebook Twitter Instagram Pinterest
A+ A A-

クリスマスにピッタリ☆蓋の形が特徴的な星型の箱

いよいよクリスマスですね。ツリーやリースなどの飾りを楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。今回はクリスマスにピッタリな作品をお届けします☆


(アトリエパピエ75のレシピより)

クリスマスツリーやオーナメントなど、クリスマスには星モチーフが欠かせませんね。今回のカルトナージュ作品は星型の箱(Boite Etoile)です。

上から見ると星型が良く分かりますね。角の尖っている部分は丸くならないようにきちんと尖らせるようにしましょう。
この写真では箱を寝かせていますが、立てて飾っておいても素敵ですよ。

蓋を開けるとこんな感じです。深さがあるので意外と収納力があります。プレゼントやお菓子をつめて贈り物にしても良いですね。

余談ですがクリスマスツリーの「星」について...。
クリスマスツリーのてっぺんには星が飾られることが多いですが、この星は「ベツレヘムの星」を模しているそうですよ。「ベツレヘムの星」とは、「東方の三賢者(三博士とも言われる)」にイエスの誕生を伝え、ベツレヘムに導いたと言われている星なのだとか。
何気なく飾っていたツリーの星にもちゃんと意味があるのですね。

話をカルトナージュに戻して...。
この作品の特徴は中心部分が高くなっている、蓋の形状でしょうか。これは綿を入れているのではなく、カートンでこのような形に作っています。これが結構難しくて、上手くいかないと中心部分の盛り上がりが低くなってしまいます。
蓋の盛り上がりはある程度の高さがあった方が作品の見栄えが良くなります。カートンを上手く形付けて、素敵な星型の箱を作りましょう。