Menu

Facebook Twitter Instagram Pinterest
A+ A A-

大人になっても可愛い物が大好きなあなたへ…『大人の少女趣味』をイメージしたトランク

新年明けましておめでとうございます。本年もパピエコトンをどうぞよろしくお願いいたします。カルトナージュの楽しさを一人でも多くの方に伝えられるよう、レッスンやイベント、展示会など張り切って活動していきたいと思います。2016年最初の記事は見た目は大人・中身はとっても可愛い作品です♪

アンティーク風の花柄が大人の女性を思わせるトランクです。横幅30㎝、奥行き21㎝とかなりの大き目サイズで、可愛いだけじゃなくて収納力も抜群です。これくらい大きいとお部屋に置いても存在感があり、インテリアの主役として飾っても素敵ですね。

蓋にはキルト綿が1枚入っていて、ふっくらしています。
革の持ち手は割ピンで留めているのですが、小さい割ピンだけだとちょっと弱そう、かと言って大きい割ピン2個ずつだと見た目うるさい…ということで大小2サイズの割ピンを使うことにしました。大きいサイズはペルメルなどに使用する特大のもの、小さいサイズは金具屋さんで「三分」と言われる大きさの物です。
差し込み錠と割ピンの色をシルバーで揃えて統一感を出しました。
さて、トランクを開けてみましょう…。

なんと!!内側は白雪姫の柄でした~。白雪姫の柄と言うと幼い子供が使うもの、というイメージがある方もいらっしゃるかもしれませんが、この柄は可愛いのに幼くなりすぎない優秀な生地です。柄が油絵風に描かれているのでどことなく落ち着きがありますし、色味も子供向け生地のように明るすぎず、花柄の生地と合わせやすくて使いやすいです。

白雪姫の顔が見えないところも私は好きです。自分の持っているイメージが壊れませんものね。
そんな白雪姫とは対照的に七人の小人の表情はユーモラスで愛嬌があり、見るとつい微笑んでしまいます。

こんなに可愛い白雪姫の柄でも、トランクの外側がこの柄だとお部屋のインテリアと合わせにくかったり、可愛らしすぎて逆に使いにくいと感じる方もいるでしょう。
そこで今回、あえて内側に使ってみました。人目に付く外側はともかく、トランクの内側は自分だけの世界です。誰にも見られない内側だからこそ、思いっきり自分の趣味に走ることができますね。

外側は大柄な花柄、内側は白雪姫柄を組み合わせて『大人の少女趣味』というイメージで作ってみました♪